院長紹介

大前歯科医院

大前歯科医院 院長 大前太美雄

こんにちは 大前歯科医院 院長 大前太美雄です。

いつも考える事があります。大前歯科医院は存在する意義があるのかどうか。
極端な話、今日大前歯科医院が無くなったら…治療中のあの患者さまも、この患者さまもたちどころに困ってしまって、大前歯科医院に訪れる以前の、あの出口の無い悩みの中に再度さまよってしまうのではないか。
義歯がきちんと完成し「新しい人生を頂きました」とおっしゃって、嬉しそうに大きなお口をあけて笑ってくださった あの患者さまの今後のメンテナンスはどうするのか?
義歯の定期検査で1年ぶりにお越しになり「この1年間、義歯である事も忘れ、なんの苦労もありませんでした」と年に一度の来院を楽しみにしている患者さま…
そう考えると大前歯科医院は世の中に必要と医院なのだ。と思うに至ります。
他の歯科医院で出来る事なら、わざわざ飛行機や新幹線でお越しになる必要は無いと思っています。ご近所の歯科医院で済ませられるなら、その方が良いでしょう。しかし、どこの歯科医院に行ってもうまくいかず、途方に暮れ、探しに探して大前歯科医院にて その悩みにピリオドを打つことができる。
ある意味 大前歯科医院の行っている事は、歯によってあるいは入れ歯によって振り回されている患者さまの人生を、本来の姿・主体的な人生を歩んでいただくという事ではないかと思っています。それは、初めて大前歯科医院に訪れた時の 患者さまの苦痛と不安に満ちた表情から、入れ歯の治療が進むにつれ、心からの笑顔を 私たちに お見せいただく多くの患者さまに教えられる「本当の歯科医療とは何か」の一つの答えなのだと思います。
そういったことで、私は「入れ歯治療のブラックジャック」と呼ばれています。インプラント医でもある私が、保険診療など関係なく、入れ歯治療に歯科医院人生をかけているため、そう呼ばれているのだと想います。
健康で快適、心豊かで幸せな人生を大前歯科医院は提案いたします。

大前 太美雄

大前太美雄 プロフィール

1992年
神奈川歯科大学卒業
1995年
Academy of Template Research 認定医(咬み合わせと体の健康)
1996年
大前歯科医院 開業
1997年〜1998年
JIADS ぺリオコース 修了(歯周病)

大前歯科医院

1998年〜1999年
口腔インプラント1年コース修了
口腔インプラント医
1998年〜1999年
JIADS 補綴コース修了(歯冠修復、咬合)
2000年〜
大前入れ歯研究所設立
2001年〜2002年
歯列矯正コース修了
2004年
歯科医師対象セミナー開催 6/13、8/29
2005年
歯科医師対象セミナー開催 3/6、3/13、6/5、8/28、9/4、9/18
医療法人 中道会 設立
  • 医療法人 中道会 理事長
  • 大前歯科医院 院長
  • 日本補綴歯科学会会員
  • 日本顎咬合学会会員
  • 神奈川歯科大学 クリニカル・バイオマテリアル講座 研究生
  • アドラー心理学カウンセラー
取得済み特許
PAT.3771534 「義歯製作時の咬合調整器具」
PAT.4359528 「人工歯根および人工歯根製造システム」
PAT.5135570 「口腔粘膜密着体の製造方法」
PAT.5367644 「熱可塑性樹脂の成形方法及び熱成形用の鋳型」
PAT.5426957 「治療用義歯」
PAT.5946950 「咬合器」

大前太美雄院長が
東久邇宮文化褒賞を授賞いたしました

大前歯科医院

この度、平成27年11月3日、医療法人 中道会 大前歯科医院・理事長・大前太美雄は、栄えある東久邇宮文化褒賞を授賞いたしました。
東久邇宮文化褒賞は、戦後初の宮家出身の首相である東久邇宮稔彦王の第一王子、東久邇宮盛厚王の御遺志をついで創設された褒賞です。その趣旨は、国民一人ひとりの小発明や功績を称え、それを褒賞として授与し、夢・希望・勇気・元気・やる気・自信・誇りを授けて、受賞者はもちろん国民全般の更なる飛躍を促すことにあります。

「個の輝きをまごころで育み、繁栄の礎を築き、文化の向上発展に貢献し、ともに生かし合う地球人としての誇りを讃える」「文化的活動(芸術、美術、音楽等)に従事し、その振興に携わっていること」「文化的活動における社会的評価を受けていること」「世界の平和、文化的交流のために、国際的活動に従事し、その振興に携わっていること」「人格的にも優れ、将来への展望を持ち、努力を怠らない」のいずれかに該当する人物に授与されるという東久邇宮文化褒賞。
この栄誉を胸に、これからも歯科診療や入れ歯治療で世のため人のため、お役に立ってまいります。

大前歯科医院

大前歯科医院