入れ歯のリフォーム

大前歯科医院

今お持ちの入れ歯を改造して、
快適な入れ歯に

大前歯科医院
上の入れ歯が簡単に落ちてくる
咬むと痛い
下の入れ歯が浮き上がる
見栄えが悪い
ひびが入っている
他人の口元のようだ


今お持ちの入れ歯に、いろいろな問題を感じておられるかもしれません。

入れ歯専門の大前歯科医院では、治療用義歯での治療(義歯の改造)で培ったノウハウを用いて、あなたさまが今お持ちの入れ歯(使用していない入れ歯でも可)を改造して快適にすることができます。

基本的に入れ歯は主にアクリリックレジンというプラスチックで出来ていますので、かなりの大幅な改造が可能なのです。

「せっかく保険外で作った入れ歯なのに、全く使っていない」という方は一度入れ歯をお持ちください。
例えば、金属床(きんぞくしょう)といって上顎の部分等に金属プレートを用いた入れ歯だけども、ポトポト落ちてくるので使用していない。という場合は、金属プレートを外して、プラスチックに置き換えます。
多分、それだけではキチンと咬めないでしょうから、咬み合わせの調整を行う事で、再利用する事が可能になります。


リフォームの例

問題点)上の入れ歯が簡単に外れてしまう

対応処置)入れ歯の一部設計変更と、歯肉に当たる部分の樹脂を新しくする。


処置前です。
作成してから数年が経過して、簡単に外れる様になってしまった上の入れ歯です。

大前歯科医院
上の入れ歯の吸着や安定に重要な入れ歯の奥の縁が少し短い様です。

大前歯科医院
リフォーム開始です。
この部分を表面処理して、樹脂を盛りつけお口の中で形を整えつつ樹脂が固まるのを待ちます

大前歯科医院
樹脂が固まりました。うまく形も出来ています。

大前歯科医院
樹脂を足した部分が強く歯肉に当たっていないかシリコーンで適合検査を行い確認します。

大前歯科医院
シリコーンが透けている部分が少し歯肉にやや強く当たっているようなので、削って調整します。

大前歯科医院
均等に歯肉に当たる様になりました。

大前歯科医院
義歯の裏面全部に流動性のある樹脂を塗布して歯肉に圧接して固めます。リベースという処置です。数分間で固まりました。キレイに上顎の歯肉の起伏や形状が現れています。ピッタリです。

この後、入れ歯からはみ出ている樹脂のバリを取り除き、再度歯肉との適合試験を行い問題が無ければ研磨して完成です。

大前歯科医院
大前歯科医院


ポトポト落ちていた入れ歯で、入れ歯安定剤を使用しないと使えなかったのですが、入れ歯安定剤等全く必要なく、逆に入れ歯を外しにくい程の吸着になり、患者さまも大喜びでお帰りになりました。

所要時間は2時間30分です。

これは一例ですが、いろんなことができますので、一度ぜひお持ちの入れ歯をお見せください。