機能する入れ歯の3大要素

大前歯科医院

総入れ歯は、たった3つの条件が整えば基本的に機能します

総入れ歯は、たった3つの条件が整えば基本的に機能します。

しかし、このたった3つの条件を満たす事が、一般的にはそもそも難しいのです。

大前歯科医院では、この3つの条件を高いレベルで満たした総入れ歯を提供していますが、3つの条件を順番に解説しましょう。

1 歯肉(しにく)との密着度合い

歯肉・歯茎・歯齦・土手、いろんな言い方がありますが、この歯肉と総入れ歯のフィット、適合がまず大切です。

どんなに歯並びがキレイに見える入れ歯を作っても、ご自身の歯肉とぴったり適合していないと、痛みや吸着せず外れるなどの問題がおきます。

外れて仕方が無いから、入れ歯安定剤を常用する様になったりします。

しかし、入れ歯安定剤そのものの使用方法として記載あるとおり、あくまでも一時的に使うものであって常用するためのものではありません。

では、総入れ歯が歯肉にひっ付きさえすればいいのか?ですが、総入れ歯に対して、俗に言う吸盤の原理を効かせすぎると、入れ歯は歯肉に良くひっ付きますが、うっとうしくて外したくなる総入れ歯になってしまいます。

吸盤の原理ではなく、歯肉との密着によって総入れ歯に吸着させる事がとても大切です。

2 顎の関節のズレを治すための咬み合わせ治療

顎の関節のズレを治すというと、一般的には行われていないので、ピンとこないかもしれませんが、これこそ本末転倒です。

顎の関節のズレを治すのは、本来、どのような歯科治療を行うにしても、まず行わないといけないファーストステップです。この顎の関節のズレを治さず、歯科治療を何度も続けた結果、すべての歯を失ってしまうという方が後を絶ちません。

顎の関節のズレを治す・・・これは3次元的な顎の位置の変化ですので、なかなか文章でお伝えするのは難しいですが、これを行わないと、例えば、カーナビゲーションで目的地に行こうとしても、GPSを受信していなくて現在地が間違っている様なものです。

もちろん目的地にたどり着く事はありません。総入れ歯の製作には、歯科的な総合的知識が必要ですが、この顎の関節のズレを治す=咬み合わせの治療 が 絶対条件です。

顎の関節の正しい位置で、総入れ歯を製作していかないと、全くデタラメな総入れ歯となり、調整を何回行ってもすぐに調子が悪くなります。顎の関節の正しい位置で、総入れ歯を作るというのがポイントです。

3 フルバランスドオクルージョン

あまり聞いた事が無い言葉だと思いますが、歯科医師であれば知らない人はいない程、基本的な事で、総入れ歯を機能させるために必要な咬合様式です。

すなわち上下の総入れ歯を前後左右に動かしたときに左右の奥歯が接触したままで、上下の総入れ歯がガタガタ動かずピタッとしたまま滑る様に滑らかに動く。

そして上下の前歯の先は、すれすれに接触する。という状態です。これを総入れ歯で実現する事が非常に難しいのです。

下の顎の3次元の動きに上下総入れ歯の歯の部分の形態を合わせないといけない。そしてもうお気づきだと思いますが、上記の顎の関節の正しい位置を始点にフルバランスドオクルージョンを実現しないと、全く意味がありません。顎の関節の正しい位置から、上下の総入れ歯がフルバランスオクルージョンとなっている事が大切です。