インプラント

大前歯科医院

重要なのは「インプラントかどうか」ではなく「咬み合わせ」です

大前歯科医院には、歯や口のことで深刻に悩む患者さまが多くこられます。その中にはインプラントにした方が良いのか? それとも入れ歯にした方が良いのか?

本当に真剣に悩まれている方が多いのですが、重要なのは「インプラントか入れ歯か?」ではなく、咬み合わせを入れ歯できちんとするのかインプラントでするのかという手段の違いでしかありません。


インプラントというのは、歯がなくなったアゴの骨に埋め込む人工歯根のことです。

歯がなくなった所に埋め込むのですが、歯が無くなった原因はキチンとしらべましたか?

歯がなくなった原因は虫歯、歯槽膿漏、破折といろいろあるでしょう。しかし、それらの病気を引き起こしている根本的な原因は「咬み合わせ」なのです。

咬み合わせの問題を解決せずにインプラントを行なうと悲惨です。

インプラントが成功して、骨に強固に固定される程、他の歯がどんどんと壊れ、歯を失っていく事に拍車をかけます。

私、大前太美雄はインプラントは行なっておりませんが、過去にインプラント100時間セミナー(1年コース)を受講したインプラント医でもあります。

インプラント自体が悪い方法ではありませんが、悪い咬み合わせを再現するようなインプラントは、大きな問題を引き起こします。

しかし、インプラントを行なう歯科医自身が「咬み合わせの重要性」を知らない方が多いのが現状です。

そのため、一般の方には判断が難しいでしょうけれども、ご自分の体は自分で守るしかない。という意味からも、「インプラントさえすれば咬める」などどいう妄想は抱かない様にしましょう。

まずはインプラントにしても自由診療での総入れ歯にしても、高額な治療なのですから、「きちんと治るにはどうすればいいのか?」それを知る事から始めましょう!

まずは、治療を行うかどうかを考える前に、初診にお越しください。


もう、インプラント治療をしようと決めた。という方へ

もちろんインプラントを検討中の方も、大前歯科医院の初診は可能です。

どちらかというと、インプラントをしようと思っている方にこそ 一度CTを撮影して、ご自分のお口の現状を ご覧頂きたいと思います。

なぜなら、入れ歯専門の大前歯科医院へは、インプラントを失敗してしまい、インプラントの先生から

「もうインプラントは出来ない。入れ歯をどこかで作ってもらってください」と見放された患者さまが何人もお越しになっているからです。

インプラントを失敗した方が、どうして大前歯科医院におこしになるか?

それは残念ながら、インプラントを失敗した後の、入れ歯治療を喜んで引き受けてくれる歯科医師は少ないからなのです。

私は、入れ歯の専門ですから、顎の骨が究極に減ってしまった方の入れ歯治療の経験も、もちろん相当数ありますが、インプラントを失敗された方の入れ歯治療はさらに難しいのです。

ありえないような歯肉、骨の形をしている事が多く、私どもでも何とか患者さまに合格点を頂くような事も多いのです。

私は、間違いなく、治療の順序はインプラントに先立ち 入れ歯治療だと思っています。

これは、私が入れ歯専門だから営業的に言っているのではありません。

どなたでも少し考えれば分かるはずです。入れ歯治療で満足できなかった場合に、そこからインプラント治療を開始しても全く遅くないからです。

せめて、入れ歯を正しくキチンとするという知識だけでも 最低限 分かった上で、自己責任でインプラント治療を選択してほしいと思っています。

どうか、一度お口の現状確認と、インプラントそして入れ歯の情報収集にいらしてください。


インプラントにしようか、入れ歯の治療かでお悩みの方へ

どこの歯科医院でも「インプラントにしませんか?」「インプラントなら咬める」と大宣伝ですね。

私 大前は、インプラントは行いませんが、一時期真剣にインプラントを勉強した時期があり、入れ歯専門の歯科医院をしておりますが、前記のようにインプラント医でもあります。

私は、インプラントが悪いとは思っておらず、患者さまにも「インプラントがベストの治療の時もある」と常々お話しており、

実際インプラントがベストと思われる患者さまには、情報の一つとしてインプラント専門医の先生をご紹介しています。

そして実際に 入れ歯治療を希望、あるいは検討されて大前歯科医院にお越しになった患者さまでも、

「インプラント治療が理想」という私のお話を理解し そして紹介を希望され、インプラント専門医によるインプラント治療を受けられた患者さまが 何人もいらっしゃいます。

インプラントは、骨にドリルで穴を開け(ドリリングといいます)そしてインプラントをさし込む、あるいは小さなマレット(ハンマー)で叩き込む、

またはセルフタップと言って、木ネジのように 骨にねじ込むのですが、基本的に この操作自体は難しくはありません。

しかし、骨の中には太い神経や動脈が存在したりするので、一般的な歯科医院で撮影するパノラマという細長い2Dのレントゲンの画像では、骨の立体的な把握が難しく、時に問題や事故を引き起こします。

そのため、きちんとインプラントを行っている先生は、必ず顎の骨のCT撮影を手術に先立ち行い、パソコン上でインプラント手術のシミュレーションを行います。

何度も言って申し訳ありませんが、大前歯科医院の初診は 大前歯科医院で治療をおこなう あるいは おこなわない といった事を全く考えないでいい初診です。

もちろん 入れ歯の専門であり、インプラント医でもある私は、正直に誠実にお話ししますので、ご安心ください。

まずは、悩んだり考えたりする前に初診にお越しください。

喜びをかみしめよう!