咬み合わせから正す本当の入れ歯治療

大前歯科医院

特許技術を用い咬み合わせから正す
本当の入れ歯治療











特許証
痛くない・しっくり・自分の歯のように・美味しく・固いものも咬める・話しやすい・見栄えが入れ歯に見えない・大きな口で笑える・歌える・入れ歯を装着したまま就寝・入れ歯を入れている事を忘れている。

そんなことを患者さまが仰る入れ歯の快適超精密義歯。

快適超精密義歯は一般的な入れ歯のイメージの延長線で考えると全く違います。

一般的に歯科医院で勧められる良い入れ歯とは、そのほとんどが金属床(きんぞくしょう)と言って入れ歯の一部分が各種金属のプレートになっており、そのメリットとして

1.薄く出来るので快適
2.金属なので強度が高い
3.金属なので清潔

という商品説明をを受けるはずです。
しかし本当のところはどうなのでしょう?

 一般に歯科医院で説明に用いられるサンプル模型です。

まず、薄くできるので快適…と思いがちですが、薄ければ快適という事では有りません。

入れ歯は動くことが不快の原因なのです。そう、歯肉にぴったりフィットしてどんな時も動かず安定している事が快適性には重要です。

そして、快適性に重要なこの「安定」には「咬み合せ」が最も重要で、咬み合わせが合っていないと不快で咬めないだけでなく、この強度が高いと言われている金属床でも真っ二つに割れてしまいます。

そして、金属床は清潔という事ですが お口の中から金属をなくそうという風潮からは逆行していますし、また、「美味しく食べる事が出来る」との説明も有るかと思いますが、味に関しては使用する金属によっては金属イオンが溶け出し、金属の味という少し違和感が出るかもしれません。

また、美味しく食べられるという事の為には、当たり前ですが「咬み合わせを正す」という事が最も重要なので、金属床を作りさえすれば噛めるということではありません。噛めなかった保険の入れ歯と、入れ歯の材料が違うというだけで本当に噛めると思いますか?思えないでしょう。

せっかく費用をかけたのに、目も当てられないのが、それ以前に、上の入れ歯の場合であればポトポトと外れて落ちてくる。下の入れ歯はモノを咬むと飛び上がる程痛い。すぐ浮き上がる。こんな事では金属床の入れ歯を自費治療でせっかく作ったのに、お口に入れられないし装着できないとなると、全く使い物になりませんね。不良品で失敗です。

こんな使えない入れ歯しかできないという場合、

1.薄く出来るので快適
2.金属なので強度が高い
3.金属なので清潔

などといくらメリットとして説明されたとしても、話にならないという事は
お分かりいただけると思います。

快適超精密義歯とは、咬み合わせを根本から治した入れ歯

大前歯科医院で提供している快適超精密義歯が、他の歯科医院で提供している入れ歯と最も異なっているのは、咬み合わせを本当の意味で正した後に精密な入れ歯を作る。という事をおこなっているからで、体に合う調和した快適な入れ歯を提供するという点です。

「咬み合わせ」という言葉は、一般的に広く用いられていますが、私の言う咬み合わせは世間一般に用いられ、そして普通に歯科医師が用いる「咬み合わせ」という言葉とは少し違います。

逆に本当の意味での「咬み合わせ」を理解していない、会得していない歯科医師が多いと言う事が、多くの患者さまを困らせている最大の原因と私は思っています。

咬み合わせ、特に入れ歯治療成功の鍵とも言える本当の意味での咬み合わせをよく知ってください。


かみ合わせとは?はこちら

では、咬み合わせを良くするには、どうすれば良いのか?

そうですね、そのような疑問が出てきますね。
咬み合わせ、すなわち下顎の位置、顎の関節を良くする為に、大前歯科医院では快適超精密義歯製作に先立ち、作成する入れ歯があります。これが治療用義歯です。

治療用義歯と言う言葉を初めてお聞きになるかもしれませんね。

大前歯科医院では、この治療用義歯を作成する際、私の特許装置を用い咬み合わせの記録や調整を行います。また、治療用義歯自体にも特許を取得し、私考案の特殊な人工歯を用いており、これらにより他の歯科医院では真似することのできない

咬み合わせをピッタリ合わせ、そして治療用義歯の調整は月に1回ペース。

という患者さまに優しい入れ歯治療を提供しています。

また、治療用義歯による咬み合わせの治療を行う為の通院は月に1回の3〜4ヶ月です。
そして、快適超精密義歯の完成後、最終的に1年に1回の点検となります。


治療用義歯とは?はこちら

もっと、詳しくお知りになりたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

また、快適超精密義歯を手にされた大前歯科医院での患者さまの声はこちらです。
本当の入れ歯治療をそれぞれの患者さまが実感しておられますので、率直にいろいろお話されています。


※ここから先は、余談ですので読み飛ばして頂いても結構です。

咬み合わせと体の関係について

すでにご理解いただいております様に、大前歯科医院では咬み合わせを正した入れ歯を提供しておりますが、咬み合わせがキチンとなるにつれて、患者さまの様々な変化に驚かされます。

口元の見栄えが良くなって、笑ったり、表情が豊かになったり、対人関係に積極的になったり。
一言で言えば、自分の歯の様に自然な入れ歯によるメリット。
これは、全ての方に見られます。

そして食べる、話すという機能面でのメリット。
特に食べるという事に関しましては、かなりの割合で快適超精密総義歯というより、治療用義歯での治療期間から一旦体重が増加されますね。

食べたかったんでしょうね、みなさん。

私は、今まで食べたい物も歯や入れ歯の為に制限され、美味しく食事をするという喜びも何年もあるいは何十年も味わっていなかったのですから、ニコニコして 「ちょっと体重増えました?」とお話しして、「ある程度は皆さんそうなりますよ〜」「でも、入れ歯はキチンとなったけれども、生活習慣病になってはいけないので、自分でコントロールしてくださいね。でも、おいしいもんね〜」とお話しすると、

「そうなんです。大好物がずーっと食べられなかったんで〜」

と患者さま。

そして、話すという機能もそうですが「気分がいい時に口笛を吹けるのが気持ちがいい」「カラオケで大きな口で歌える」など、快適超精密義歯装着後いろんな事をお話くださいます。

しかし、一般的な入れ歯に求める 咬む、見栄え、発音機能は早々とクリアして、健康を手に入れられる患者さまも非常に多いです。 例えば肉体的には首、肩などの頚腕症候群、アトピー等の皮膚症状、腰痛、高血圧、低血圧、血糖値、原因不明の体の不調の不定愁訴などの改善もしくは緩解、また過去には失言症の改善の経験もあります。

私は歯科医師で、医師では有りませんのでこれらの病気を治すとは言えません。しかし、私のこれまでの経験上咬み合わせと体の健康は、一般的に思われているより密接に関係があるという事だけは事実です。

大前歯科医院では、健康で快適な入れ歯の提供をモットーとしていますが、治療用義歯を用いた咬み合わせの治療を行なう事によって、健康、そして快適という入れ歯というモノ以上の価値が提供できているのです。

一人でも多くの方に、大前歯科医院の快適超精密義歯を手にして、人生を謳歌して頂きたいと思います。

治療症例

上の入れ歯は金属床の入れ歯(自費の入れ歯)、下は前歯にセラミック冠(自費の冠)が装着されていました。上の入れ歯は歯肉に全く合っておらず、下の歯は全て重度の歯周病でした。下の歯を抜歯して、上下の総入れ歯という治療計画になりました。
上の入れ歯です、一般的に快適と言われる金属床ですが、すぐ外れるようでは快適以前の問題です。
快適超精密義歯の完成です。「何でも咬める」「他人が入れ歯と気付かない」と大喜びして頂きました。 こちらの患者さまも、「金属床の入れ歯の方が良かっ た」とは全く話されません。 もう、完成装着後7年になりますが、快適に使用されています。先日の1年ぶりの点検でも「本当に大前歯科医院で治療して良かった」と笑顔でお話しいただき、私どもも嬉しい限りです。

※当サイトでは、「あご」「アゴ」「顎」「顎関節」や「咬みあわせ」「噛み合わせ」「かみあわせ」「咬み合わせ」など、あえて複数の言葉を取り混ぜております。なにとぞご了承のほど、お願い申し上げます。