治療用義歯とは

大前歯科医院

治療用総義歯の完成は、
総入れ歯治療の始まり

大前歯科医院では、最善の総入れ歯・快適超精密総義歯を制作するに先立って、全ての患者さまに特許取得の『治療用総義歯』を作成します。

『治療用総義歯』という言葉自体、なかなか聞き慣れないと思いますので、少し詳しく説明してみようと思います。


一般的な入れ歯の治療は『型を採って、入れ歯を作って終わり』というものですが、実は入れ歯が失敗する一つの大きな原因がここにあります。

『総入れ歯を作って終わり』というこのシステムそのものに、欠陥があるのです。
総入れ歯を作ったら、それは総入れ歯治療の始まりなのです。

一般的な総入れ歯の問題は、
お口の中のいろいろな所が
変化していくのが原因

と言いますのは、入れ歯を作るために歯科医師が歯肉の型を採った状態から、入れ歯の完成、そして装着後も お口の中や顎の関節など いろいろな所が刻々と変化していくからです。

しかし、一般的にはこの変化が無いものとして、入れ歯治療は進んで行きます。ここが問題なのです。

その変化していく所というのは、歯肉の形、咬み合わせ、咬み方、舌や頬の筋肉や咬むための筋肉の活性化など、様々な変化が影響し合い、入れ歯の諸問題を引き起こしていくのです。

しかし、これらの変化も正しい総入れ歯治療(正しい調整等)を行えば、だんだんと変化が非常に小さくなって、そして、安定し正常化します。

具体的にお話ししましょう。
治療用義歯を装着して食事に伴い普通に咬んで(食べて)ますと、顎の関節のずれが治ってきます。

そして顎の関節のずれが徐々に治ってくるにしたがって(これはいいことなのですが)、上下の総入れ歯は微妙に合わなくなります。


(上図の赤い部分が、顎の関節のずれが治ってきたために生じた上下の総入れ歯の合わない部分です)


通常このような上下の入れ歯の位置関係になると、何回も何回も歯科医院に通って入れ歯の調整を行なう事になるのですが、大前歯科医院の治療用義歯には特殊な入れ歯の歯(人工歯)が装着されており、何回も何回も調整に通わなくていい様に自動的に強く当たる部分が削れていくようになっています。

これにより積極的に顎の関節のズレを治す不快症状の出やすい期間にもかかわらず月に1回の通院での調整で済み遠方の患者さまはもちろん、海外からの患者様も通院し治療が可能で、入れ歯の問題を僅か半年程で解決することができるのです。

この技術が特許です。

日本の特許は世界一取得が困難なことは皆さんご存知の事と思います。

すなわち、このような顎のズレを、入れ歯を用いて治すという独創的な治療は日本はもちろん世界的にも大前歯科医院でしか行なっていないという事をご理解頂けると思います。

上の絵と比べると、入れ歯の赤い部分が削れ、そしてお越し頂いたその日のさらにより良い顎の関節の位置で上下の入れ歯がピッタリ噛み合う様に調整しました。

この調整を行うと、患者さまは「ほんとピッタリです!」「全然違う!」とおっしゃってくださる状態ですが、ご自宅に帰られて1週間程調子よく咬めているけど、その後少し調子が落ちてきます。

そうです。顎のズレの問題がさらに治って改善してくるのです(徐々に)


(上図は、顎の関節の最もよい位置に来た状態です。また上下の総入れ歯が合わなくなっています)そしてその合わなくなった分(赤色の部分)を1ヶ月後に調整し、再度ぴったりした咬み合わせにします。

このように、大前歯科医院では、顎のずれ矯正用の「治療用義歯」という入れ歯を治療のスタートに際し製作し、この治療用義歯を何回も調整し、顎の関節の最も良い位置に誘導します。

この調整をいつまで続けるのか。実は、この調整には終わりがあります。
(上図の赤い部分を削りました)


上図のようになると、治療用義歯の調整は完了です。
すなわち顎の関節が最もいい位置に安定すれば、もう のような状態には全くならず、すこぶる義歯の調子は上がります。

この状態まで来ますと、「もう先生、この治療用義歯で満足です」とおっしゃる方も、非常に多いです

以上が、治療用義歯を用いる最大の理由の「咬み合わせ」の治療というお話でしたが、それ以外にも治療用義歯の価値、あるいは利用があります。

本当にお気の毒な話なのですが、 いままで合わない総入れ歯を使い続けてきたために、 多くの患者さまは

・歯肉が傷ついている
・歯肉が腫れている
・骨がイビツにへこんでいる
・無理な咬み方を強要されている(悪い癖がついている)

など様々な問題がお口の中に発生している方がほとんどです。

そういった問題も、きちんとした治療用義歯を使用する事で、だんだんと解決していきます。

治療用義歯による治療には、咬み合わせの治療以外に、この歯肉・骨・咬み合わせの変化に対応して治療用義歯を改良をしていくという事があります。 また、

・義歯の設計の正しさ(大きさ、高さなど)の確認
・正しい上下の顎の位置での咀嚼に慣れていただくこと
・義歯の取り扱いに慣れていただくということも、治療用義歯の重要な役目です。

おおむね治療用義歯による治療期間は、個人差がありますが3〜6ヶ月で、その間は、2週間から2ヶ月に1回の調整(通常1ヶ月に1回、所要時間2時間〜4時間)を行います

ですから、毎週のように大阪に通うという事など全くありません。

現在、他医院にて製作の入れ歯をお使いの患者さまは、入れ歯というものに慣れているという事もあってか、治療用義歯での治療期間は、平均して3〜4ヶ月です。

治療用義歯での治療が終了しましたら、いよいよ快適超精密義歯の作成ですよ。