無痛治療・無痛抜歯について

大前歯科医院

無痛治療・無痛抜歯について

入れ歯専門の大前歯科医院にお越しなる方の半数以上は、数本から多い方で20本以上ご自分の歯が残っている状態で、大前歯科医院にお越しになります

それは、今 通院している歯科の先生から、「もう全部抜いて、総入れ歯にしないといけません」と宣告されて、総入れ歯になる事を決心された方や、本当に残せる歯はないのか?部分入れ歯で治療はできないものか?という相談も含めて大前歯科医院にお越しになります。

大前歯科医院では、最新の歯科用CTを用いて、今の歯の状態をパソコン上で立体に表示させて患者さまといっしょに診断していきます。

その患者さま自身での診断の結果、全ての歯を抜いて、「総入れ歯をお願いします。」という事もあり、そういう場合 一般的には歯を抜くのに何回も通院しなくてはなりません。そしてもちろん抜歯を終えるまでの期間は、入れ歯の製作は始められません。

ということは、何回もかかる抜歯の期間中は歯が抜けたままの状態で生活せざるえませんので「見栄えの問題」、少なくなった抜歯する予定の歯で咀嚼しないといけないので「食事の問題」、歯が抜けた状態では空気が漏れて音が作れないのと、見栄えが気になってお口を開けにくいので「発音の問題」のそれぞれの問題を抱えたままの生活となり大変な苦労や苦痛を被る事が多いのです。

しかし、安心してください。歯をストレス少なく抜歯する良い方法があります。

体験された患者さまから、「あんなに楽に抜いてくれる方法があったのなら、今までもそうしてくれたら良かったのに!」と、大変感謝されます。

その方法とは、静脈内鎮静法といいます。

この静脈内鎮静法とは、腕から注射あるいは点滴で、ごく少量のお薬を入れます。
そうすると、人にもよりますがグーグー寝てしまう方もおられます。

そして、起きたときには、抜歯等の処置は全て終わっているという前処置のことです。

静脈内鎮静法を行い、抜歯を行った患者さまに「どうでしたか?」とお伺いしますと、「どうもこうも、寝ていて何にも分からなかった。」「本当に楽でした」「何のストレスもありませんでした。」とおっしゃいます。

私自身も、人間ドックで胃カメラを飲む際にこの「静脈内鎮静法」をしていただいた事があるのですが、その時は手の甲に、ちょっと注射をして・・・しばらくしてなんだか違和感を感じて「ん?」と思うと、検査をしていた医師が
「あっ、もう終わりますからね。」
とスルスル胃カメラを抜いて、「はい終了です。」・・・
「えっ!終わり?」という程、グーグー寝ていました。全く苦痛は有りませんでした。

必要以上に歯科治療で痛みや苦痛を味わう事は、私 大前は「キチンとした歯科治療を妨げるもの」と考えています。

そういう意味でも、今まで歯科で大変な苦労をされた事と思いますが、そんな「毎回拷問のようなものが歯科治療ではありませんよ。」とお伝えしておきたいと思います。

静脈内鎮静法を行っての抜歯は、全身管理の元で行っていただける お口の外科専門の歯科口腔外科の先生をご紹介させていただき、できるだけ1度に抜歯予定の歯を処置して頂きます。

もちろん、抜歯の翌日から入れ歯の製作を開始し、28時間で入れ歯を完成させますので、短期集中入れ歯治療が可能になります。

遠方からの通院の方で、ご自宅の周囲での抜歯を希望される場合、このような抜歯を行っていただけるか、あなた様のご自宅の近隣の歯科口腔外科にお尋ねする事も可能ですので、ご安心ください。

それから、およそ20本以上の歯を抜歯する必要があるお口の状態の方は、上記の静脈内鎮静法は、局所麻酔を併用しますので、抜歯の本数が多いと 局所麻酔薬の使用量が多くなり、体への負担が高まるので、抜歯が難しくなります。

そういう場合は、総合病院の歯科口腔外科にて、全身麻酔下での抜歯を依頼します(体の手術と同じ麻酔ですから、無痛です)。

入れ歯専門の大前歯科医院では、過去何人も患者さまが全身麻酔下での抜歯直後の入れ歯製作を行っており、こういうお口の状況での入れ歯製作は、おそらく日本でも大前歯科医院だけではないかと思います。

患者さまのお口の状況にあわせて、治療方法をお話し、相談していきますので、ご安心ください。