独創的な入れ歯治療の証、特許取得

大前歯科医院

入れ歯治療専門
6つ取得の特許で
今までにない入れ歯治療

院長の大前太美雄

こんにちは、大前歯科医院・院長の大前太美雄(おおまえ・たみお)です。
おかげさまで当院はTV CM(テレビシーエム)だけでなく、テレビの報道番組(テレビニュース)や情報番組、新聞など大変多くのマスコミで紹介されるようになりました。
それは当院が、ただ珍しい「入れ歯治療専門」だからということだけでなく、日本でも最高レベルに高度な治療をおこなっていることと、常に患者様の立場にたって新しいアイディアや創意工夫をおこなっていることにあります。

「日本でも最高レベルに高度な治療」というのは、具体的には「歯や口腔に関する特許を6つも取得している」ことが実践になり証明になります。
通常、特許を1つ取得しているだけでも歯科医療界では大変、めずらしいものですが、6つもの特許を取得しているのは、大学などで研究だけに専念している歯科医でさえ、なかなか無いことです。
私どもの場合には、全国からお越しの何軒もの歯科医師にサジをなげられた患者様の治療の結果にこだわったからであり、それはお一人おひとりの患者様に新しい治療法を発明・発見していく連続しか、方法がなかったのです。これが、これまでの既成の治療法や、歯科大学などに載っている教科書や歯科医師会のセミナーや勉強法にはない、日本唯一の大前式治療が確立された理由です。
また、世界一取得が難しいといわれている日本での特許を5件取得している事は、わたしにしてみれば、状態がことなる患者様お一人お一人に対応し、成功してきた結果なのです。

意外に知られていないことですが日本の特許庁では、過去に世界で特許申請された内容と類似しているだけでも、『容易に発想できる』と判断され、特許に値しないと拒絶通知が届きます。
しかし、わたしの特許は、その厳しい審査を見事にパスし5件が許認可を受けています。この事から、実は日本唯一ではなく、世界唯一だとまでいえるのが大前歯科医院での入れ歯治療です。

6つの特許は「申請しただけ」ではなく「取得」です

大前歯科医院

前述のとおり、私どもの場合には、申請しただけではなく現実に特許庁から認可され「特許を取得している」のですから、内容の確実性も認められたということです。(ごくたまに、「特許申請している」ことだけで宣伝文句に使っている医師もいるのですが、特許というのは「申請する」だけではなく、特許庁から認可が下りないと意味がないのですよ。)
なぜ、ここまで特許にこだわったのかというと、これまでの歯科治療法だけでは患者様のお悩みにこたえきれないからです。
ただ、特許を取得せずに誰にでも新しい治療法を使ってもらえるように内容を公開すると、技法だけをマネして低い技術力で医療過誤を引き起こすケースが出てくる可能性があると、私は懸念したからです。

現実に、昨今の医療現場では歯科診療も含めて、医療過誤問題も発生しています。そういったことにならないように、特許を取得することで、きちんとトレーニングをし、高度な技術を習得した歯科医師だけに、これらの治療法が使えるようにしています。

さて、特許の権利の期間は20年。取得までにおよそ5年かかりますので、何年前から大前歯科医院が入れ歯の事を追求して来たのかお分かりいただけると思います。
「必要は発明の母」とはよく言ったもので、本当にその通りです。
「できない」ではなく、「どうすればできるかな?」が発明のスタートです。
私たち歯科医師は「教科書的」とよく言いますが、「教科書的」すなわち学生時代に習った治療方法や治療学の教科書や参考書通りに行なえば、きちんと上手く治療の結果が出る。などという程、入れ歯治療は簡単では有りません。
ほとんどの歯科医院では、従来然とした入れ歯の治療法を行なっていますが、正直100年前の入れ歯を作る方法と、さほど大きく変わっていないのではないか?と思える程です。 私は、全ての入れ歯治療の過程において「本当に必要な作業か?」「もっといい方法が無いのか?」という事を何年にもわたって検証してきました。
そうした中で、出て来た疑問、そしてそれを解決する方法。それが特許に値する程価値があり画期的である事が多いのです。
しかし、患者さまの入れ歯治療の その度々に、その患者さまだけに通用する小さな発明とも言える治療を繰り返している事実があり、それぞれの患者さまにあった入れ歯の製作に小さな発明は欠かせないのは言うまでもありません。
「その人療法」というか、一人一人の患者さまを診て治療を行ない、最善の結果を得る為には、歯科医師は小さな発明を常に行なう発明家でなくてはなりません。
これからも真剣に入れ歯治療に取り組み、より良い入れ歯を追求して、研究開発を続けます。

常に患者様の
立場にたって創意工夫する
大前歯科医院

院長の大前太美雄

当院では、遠方の方が来院しやすいようにヘリコプターで送迎したり、ホテルと提携して宿泊パックプランを導入していますが、それは元々当院に、日本国内だけでなく海外からも治療にお越しになるからです。
また、民間歯科医院業界初の「入れ歯データセンター」も立ち上げました。事前に入れ歯データを登録しておくことで、万一の災害や緊急時の「入れ歯の保険」として、患者さまに安心していただくことができます。
こういった創意工夫もすべて、患者様のお悩み解決のためであり、当院独自のアイディアです。業界初のユニークな戦略も、すべて患者様のためということですが、「大前歯科医院」の名前が広く知れわたるようになるにつれ、混同を目的とした医院もでてまいりました。
時々、「大前先生に出会えると思って別のところに間違って行ってしまった。」という患者様がおられますが、お問い合わせやご予約は間違えずに【0120-108-895】までお願いいたします。

大前歯科医院は、単に有名なのではなく、技術も初診内容もまったく他院とことなり高度な内容ですので、どうかお間違えないようにお願いいたします。

初診案内はこちら